岡崎祐司・藤松素子・坂本勉 著
社会福祉原論

目次

序 章
 1節 社会科学と社会福祉原論の学習
 2節 共生、平和と社会福祉原論の学習
 
第1章 社会福祉をとらえる視点
 1節 人間社会の発展と社会福祉
 2節 社会福祉の基本的構成

第2章 資本主義と社会福祉
 1節 資本主義の成立と社会の発展
 2節 資本主義の原理とその矛盾
 3節 国家、民主主義と社会福祉
 
第3章 社会福祉とはなにか
 1節 社会福祉の概念と構成
 2節 社会福祉とその関連領域
 3節 社会福祉の領域・分野
 4節 社会福祉論の諸説とその定義
 

第4章 資本主義の歴史と社会福祉
 1節 イギリスにおける史的展開
 2節 アメリカにおける史的展開
 3節 日本における史的展開

第5章 社会福祉の目的・対象・主体
 1節 生活問題の現状と社会福祉の目的
 2節 社会福祉の対象
 3節 社会福祉の主体

第6章 社会福祉の制度と運営
 1節 憲法と社会福祉
 2節 社会福祉の法制度
 3節 社会福祉行政と地方自治
 4節 民間福祉の現状と課題
 5節 社会福祉基礎構造改革とシステムの転換

第7章 「福祉国家」再編期における社会福祉改革
 1節 「福祉国家」、その形成と再編
 2節 「市場の欠陥」と「政府の欠陥」
 3節 社会福祉サービス供給システムの改革と公的責任

終 章 「構造改革」への対抗と社会福祉改革
 1節 「構造改革」の背景とその性格
 2節 社会福祉「基礎構造改革」をどうみるか

第9章 障害者に対する相談援助活動
 1節 相談援助活動の原則と基本的視点
 2節 障害者福祉実践とケアマネジメント
 3節 障害者福祉における社会福祉専門職の役割

あとがき
索引


高菅出版HPへ