中野 敏子 著
社会福祉学は「知的障害者」に向き合えたか

目次

はじめに
第1部 障害者福祉と知的障害者福祉論の視角
序 章 知的障害者福祉論検討にあたって
 1 本書のねらいと問題の所在
 2 戦後の障害者福祉における三障害と「固有の課題」への視角
 3 「知的障害」の対象規定と「生活の支障性」
 4 「障害」をめぐる隣接領域の動向
 5 「マジョリティへの視角」と社会福祉
 6 研究方法と分析視角

第1章 社会福祉の視角と障害者福祉研究
 1 「生活の維持・向上」「生活の質向上」をめぐる社会福祉の視角
 2 社会福祉への隣接領域の視角
 3 社会福祉学としての障害者福祉研究をめぐる課題

第2章 障害者福祉と理論形成の軌跡
 1 障害者福祉論の検討にあたって
 2 リハビリテーションを基盤とする障害者福祉論
 3 「障害をもつ生活者」と「障害者の人権に根ざした」障害者福祉論
 4 「発達の保障」と障害者福祉論
 5 自立生活思想と障害者福祉論
 6 その他の障害者福祉論の動向
 7 障害者福祉論形成の特徴と課題

第3章 知的障害者福祉形成と知的障害者福祉論
 1 知的障害者福祉形成と知的障害者福祉論への歩み
 2 「知的障害者福祉論」の視点
 3 知的障害者福祉論の形成にみる特徴と課題

第4章 障害者福祉論の構造と知的障害者福祉論の所在
 1 障害者福祉論の構造と課題
 2 知的障害者福祉論の所在と課題
 3 障害者福祉論研究の課題

第2部 知的障害者福祉をめぐる当事者への視角
第1章 知的障害者福祉と障害定義の課題ー社会モデルとの接点
 はじめにー問題の所在
 1 研究の視角ー言説(discourse)としての「知的障害」の視点
 2 「社会的関係性」の視点から導き出される要素
 3 わが国の知的障害概念を規定してきた要素と知的障害者福祉の課題
 4 定義化と社会モデルの視角
 5 まとめにかえて

第2章 知的障害者福祉とソーシャルワークーパラダイム転換と新たな役割・機能
 1 知的障害者福祉とソーシャルワーク
 2 知的障害者福祉とソーシャルワーク実践の特徴、その研究への視角
 3 知的障害者に対するソーシャルワークの課題

第3章 障害者の権利擁護とケアマネジメントー「本人」という呼称との関連から
 はじめにー問題の視角
 1 ケアマネジメントのゆくえー支援費制度から障害者自立支援法へ
 2 「本人」という呼称とケアマネジメント
 3 参加によるケアマネジメントの実現の基盤ー「人を中心とした計画」の視点から
 まとめにかえてー障害当事者が生活の方向性を見据える機会と支援

第4章 知的障害者福祉研究と参加型研究ーその役割と意味
 はじめにー問題の所在
 1 障害のある人と参加型アクションリサーチ(PAR)
 2 知的障害のある人と参加型研究
 まとめにかえてー知的障害のある人の生活向上と参加型研究の意義

第5章 知的障害のある人の「利用主体」の実現と「サービス評価」
 はじめに
 1 福祉サービスにおける「利用者主体」の視点と知的障害のある人
 2 サービス評価と「利用者主体」
 まとめにかえて

第6章 戦後障害者福祉調査にみる「生活困難」把握と当事者の視角
 はじめに
 1 先行研究が捉える戦後障害者福祉関連調査への視点
 2 戦後障害者福祉調査の動向
 3 調査主体をめぐる変化ー政策主体と当事者団体
 4 生活困難と障害の把握
 5 これまでの障害者福祉調査分析と今後の課題

あとがき
文献資料 「障害者福祉論」「知的障害者福祉論」研究の軌跡
索引
                  高菅出版HPへ