藤松 素子 編
現代地域福祉論

目次

まえがき
第1章 現代社会のコミュニティと地域福祉
 1節 コミュニティをどうとらえるのか
 2節 私たちの生活とコミュニティ
 3節 現代社会の実際と地域福祉

第2章 地域福祉の歴史
 1節 地域福祉の源流
 2節 戦前日本の動向
 3節 戦後日本の展開

第3章 社会福祉の変化と地域福祉のとらえ方
 1節 地域福祉の理念
 2節 地域福祉の概念
 3節 地域福祉の理論
 

第4章 地域福祉の構成要件
 1節 社会福祉の対象・主体と「公私関係」
 2節 地域福祉の対象・主体と「公私関係」
 3節 地域福祉政策の確立

第5章 地域福祉の担い手
 1節 地域福祉の主体と対象
 2節 主な地域福祉推進の主体

第6章 地域福祉実践の方法・内容
 1節 地域福祉実践の基礎資格
 2節 地域福祉実践の方法と内容

第7章 地方自治と地域福祉計画
 1節 地方自治と地域福祉
 2節 地方分権改革、「三位一体の改革」と市町村合併
 3節 地域福祉計画の課題

第8章 地域福祉の体制整備と財源
 1節 地域福祉に関わる制度・施策
 2節 地域福祉の推進と利用者保護
 3節 地域福祉の財源

第9章 地域福祉展開の課題
 1節 社会福祉の変容と地域福祉の論点
 2節 地域福祉政策の新段階におkる供給主体の多元化をめぐって
 3節 新たな地域福祉活動にむけて

あとがき
索引


高菅出版HPへ